header_logo header_name



他の製品へのリンク
インモールド印刷システム
両面インモールド印刷システム
インモールド印刷用転写箔送り装置
インモールド印刷システム導入のメリット
プラスティック成形品ゲートカット装置
フィルタエレメント自動成形装置

ワイヤーラッピングマシン及び吊り橋関係


ワイヤーラッピングマシン

wrapping1吊り橋のワイヤーラッピングはメインケーブルの腐食を防ぐために必要とされています。
大型吊り橋のメインケーブルは直径5mm前後の硬鋼線が平行に束ねられてできています。
ですからそのままでは、鋼線の隙間から雨水が入りその内錆びてしまい、強度上問題になります。
その対策として、メインケーブルの周りに丸または角ワイヤーを密着状態で巻き付けた後、防水塗装をします。
又、メインケーブルの線と線の隙間にファンで空気を通して乾燥させる事もしています。
ワイヤーラッピングマシンは、メインケーブルの周りにワイヤーを密着巻きするために使用する工事用の機械です。
弊社は1983年からこのマシンを開発し、国内の大型吊り橋の建設工事で活躍してきました。
最近では、実績が認められ、中国、アメリカ、韓国等海外の吊り橋建設工事でも採用されています。
ラッピングマシンの1例
wrapping2  仕様

 巻き付けケーブル径    450 〜 700 mm
 適用ワイヤー             S字又は丸線
 巻き付け走行方向     上り巻き、下り巻き
 巻き付け張力            MAX.300kgf
 ボビン収納量             300kg x 2
 巻き付け回転数         MAX. 30 rpm
 走行速度                  MAX. 270 mm/min
 本体移動方式          移動用ウインチによる
 巻き付け登坂能力      30度  

メインケーブルコンパクションマシン

メインケーブル架設時に使用され、ケーブルの断面形状を円形に整形する機械です。
通常のメインケーブルは細い硬鋼線の小束を工事現場で平行に重ねて最終的に大きな束にして作ります。
こうしてできたケーブルの大きな束の断面を所定の円形に仕上げる、機械です。
韓国及び国内の吊り橋工事用として採用されました。

コンパクションマシンの1例
squeezing2  仕様

  ケーブル最小締付径     270 mm
  締付シリンダ本数          6 本
  シリンダ加圧力           100 ton
  シリンダストローク         100 mm
squeezing1

メインケーブル保守点検作業車

maintenance_vehicle 吊り橋の完成後メインケーブルにぶら下がって自走するゴンドラ装備のメインケーブルのメンテナンス用装置です。
ゴンドラに乗ればメインケーブルの全周にアクセスできますので、メインケーブルの点検や塗装などの作業が安全に施行できます。
弊社は、中国潤揚大橋向けに製作納入しました。

▲このページのトップへ